診療科のご案内 背景
診療科のご案内

トップ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 乳腺・呼吸器外科

乳腺・呼吸器外科

斗南病院呼吸器外科・乳腺外科では、2名の専門医(日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医かつ日本乳癌学会乳腺専門医)がエビデンスに基づいた医療を提供しています。

診療にあたっては、呼吸器内科、腫瘍内科、放射線科、外科・消化器外科と討論を行った後に治療方針を決定しています。

 

呼吸器外科

原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍(胸腺腫など)、気胸、膿胸、胸壁腫瘍、胸腔内生検、悪性胸膜中皮腫などの呼吸器外科(胸部外科)疾患に対し、手術療法を提供しています。胸の中(胸腔)は狭く、重要臓器がつまっており、高度な技術が要求されます。当科では、安全・確実な手術を第一に心がけ、第二に可能な限り傷を小さくし、からだに優しい治療を目指しています。患者さんが最も心配していることの一つとして、手術後の傷の痛みがありますが、当科では硬膜外麻酔に加え、肋間神経ブロックを併用することで、痛みの緩和につとめています。一般的な手術前後の経過、入院期間(図1)は3〜7日程度です。

呼吸器外科_図1

主な手術方法には以下のものがあります。それぞれに適応があり、患者さんに合わせて適切な手術方法をご提示します。

1、ロボット支援下手術(RATS、図2)

da Vinci Xiという手術用ロボットを使用して手術する方法です。本邦では2018年春より保険診療が開始され、現在年間約4000例の呼吸器外科手術がロボットで行われています。胸に数箇所穴を開けて手術するという点で、2の胸腔鏡下手術(VATS)と同様ですが、ロボット手術ではより精細かつ立体的に見える3Dカメラが使用できること、人の関節より手術器具の可動域が大きいこと、手ぶれが軽減されることから、従来より正確な手術を行うことができます。現在、肺悪性腫瘍手術(原発性肺癌、転移性肺腫瘍)、縦隔腫瘍手術について、RATSを第一選択としています。

呼吸器外科_図2

2、胸腔鏡下手術(VATS、図3)

胸に1〜数カ所穴を開けて、細長い器具(鉗子)を挿入し、胸腔鏡というカメラを使って体内をモニターで覗きながら手術します。呼吸器外科の手術では、最も一般的な方法です。

呼吸器外科_図3

3、開胸手術

胸を大きく切り、肋骨の間を大きく開いて行う手術方法です。腫瘍が大きく小さい傷では取り出せない場合、周りの臓器に広がっている場合、手術中に大出血が起こった場合などに行います。1や2では難しい患者さんが適応になります。

 

それ以外にも、当院にはハイブリッド手術室(図4)が設置されており、触れることのできない肺腫瘍も小さな傷で確実に切除可能です。縦隔腫瘍(図5)についても、ロボット支援下手術あるいは胸腔鏡下手術を標準として実施しています。腫瘍の大きさや場所によっては、安全に切除するために開胸手術を行うこともあります。

呼吸器外科_図4呼吸器外科_図5

乳腺外科

当科では主に乳がん扱っていますが、その他良性乳腺疾患(良性腫瘍、乳腺炎など)も同様に診療しています。

 

乳がんの手術は乳房の手術(図6、図7)と腋窩リンパ節の手術(図8)を組み合わせて行われます。オンコプラスティックサージェリー(がんの根治性と整容性の両立を目指す乳房手術の考え方)を積極的に取り入れることで、乳がんの根治性とともに整容性を保った手術を行っています。オンコプラスティックサージェリーの例として、乳房温存手術が可能な場合は、瘢痕収縮(術後に傷が縮んで硬くなること)を防止するためにwave like incision(波状の皮膚切開。手術73:1659-1666、2019)、乳房温存手術ができない場合(図9)においては三角法(脇を三角形に切り取り、皮膚が余るのを防止。Oncol Br J 4:39-44、2019)などを取り入れ、患者さんの満足度の高い手術を提供しています。また、造影超音波検査を併用した病変部位の同定、センチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清の省略(図10)など、患者さんにやさしい手術を心がけています。当院形成外科と連携し、各種乳房再建術(人工物や自家組織による再建、さらには乳頭乳輪再建など)を施行しています。

乳腺外科_図6乳腺外科_図7乳腺外科_図8乳腺外科_図9乳腺外科_図10

乳房温存手術後は、放射線治療が必須ですが、当院に放射線治療科が新設されたことで、一貫した治療を受けることができます。

 

近年、免疫チェックポイント阻害薬や、分子標的薬など、従来の抗がん剤とは作用機序とは異なる薬剤が続々と用いられるようになり、患者さんに最新かつ有効な薬剤を選択することが求められています。術前、術後薬物療法が必要な患者さんに対しては、当院腫瘍内科と連携し、最新のエビデンスに基づいた治療を受けることが可能です。

 

また、遺伝性乳がん卵巣がん症候群についても大きな話題になっております。生まれつきがん関連遺伝子BRCA1/2に変異があると乳がん・卵巣がんを発症しやすくなり、そのような場合を遺伝性乳がん卵巣がん症候群といいます。現在、一定の条件を満たす方のBRCA1/2遺伝子検査は保険適応になっています。検査の結果、遺伝性乳がん卵巣がん症候群と診断された場合、定期的な検診をしっかりと受け続けるなどの対策がありますが、リスク低減手術という選択肢もあります。乳がんの場合は予防的に乳房を切除する「リスク低減乳房切除術」、卵巣がんの場合は予防的に卵管と卵巣を切除する「リスク低減卵管卵巣摘出術」を行います。当院は、遺伝性乳がん卵巣がん症候群の遺伝学的検査、カウンセリング、リスク低減手術、経過観察を行うことのできる道内では数少ない施設のひとつです。検査結果を参考に、各種ガイドラインに則りながら、リスク低減手術などについてのご説明させていただきます。メリット、デメリットを考慮しながらいずれの場合も、医師が実施を推奨するものではなく、患者さん自身が自らの意思で実施の選択をしていただくことが重要になります。納得のいくまでお話させていただきますので、ご安心ください。

 

乳がんは他のがんと同様に、早期発見が重要です。当院には健診センターがあり、無症状の方の乳がん検診を施行しています。現在、乳がん健診は視触診を省略し、マンモグラフィや超音波検査による画像診断を主としていますが、症状がある方は乳腺外科外来を受診して頂き、通常の外来診療で診断・治療を行います。

 

診断、治療の過程を通じて、診断部門、看護部門、検診部門、事務部門などとのチーム医療を推進し、メディカルスタッフの教育も行っています。

 

一般的な乳癌手術前後の経過は図11の通りです。合併症がなければ、入院期間は5〜7日程度です。

乳腺外科_図11

担当医師

乳腺・呼吸器外科に所属している医師を紹介しています。

お知らせ