診療科のご案内 背景
診療科のご案内

トップ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 婦人科・生殖内分泌科

婦人科・生殖内分泌科

不妊症・不育症

当院では平成元年5月より体外受精が導入され、札幌で初めて体外受精児を誕生させた長い歴史があります。

日本生殖医学会生殖医専門医、認定胚培養士、看護師を含むチームで一般不妊治療、体外受精、顕微授精、凍結胚移植などの治療をはじめ、泌尿器科医師と連携し、精巣内精子回収術も含めた男性不妊症にも対応しています。同一施設内で、一般不妊治療から体外受精、筋腫核出術、卵管形成術などの手術療法まで様々な治療を行うことができる特徴を生かして患者さんご夫婦とゆっくりと話し合い、治療方針について決定しています。

逸見医師、池田医師が生殖医療専門医による不妊専門外来を、木曜日には前札幌医科大学准教授 遠藤医師が不育、生殖遺伝専門外来を担当し、専門相談を行っています。

また、不妊看護認定看護師と胚培養士が不妊相談外来のほか、これからがん治療を行う患者さんの将来の妊娠希望に関する相談目的に不妊・妊よう性相談外来で専門相談をおこなっています。

不妊症診療

男性不妊診察

体外受精・胚移植

難治性不妊症に対する取り組み

不育症診療

受精卵・卵子・精子の凍結保存延長廃棄の手続きについて

 

内視鏡下手術

腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡下手術に日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医を含むチームで積極的に取り組んでいます。子宮筋腫や卵巣腫瘍の手術も可能な限り、開腹手術に比べて美容性に優れ、短期間で回復できる腹腔鏡下手術で行っています。

平成21年3月より全国に先駆けて単孔式腹腔鏡下手術を導入しています。おへその窪みの中を切開して、1ヶ所の傷からカメラと複数の鉗子を挿入して腹腔鏡下手術を行う方法です。通常のおへそ1ヶ所と下腹部2~3ヶ所を切開する方法と比較して、術後の傷がおへその窪みの中に隠れてしまうので術後の傷を目立たなくしたい患者さんに有用です。

腹腔鏡・子宮鏡下手術技術認定医の逸見医師が専門外来を担当し、相談を行っています。

婦人科内視鏡下手術

 

悪性腫瘍

日本婦人科学会婦人科腫瘍専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医を含むチームで婦人科初期癌から進行癌まですべての婦人科癌に対する治療を行っています。当院では外科、泌尿器科、形成外科のバックアップ体制が充実しておりますので、進行および再発卵巣癌・子宮体癌に対する拡大手術、進行外陰癌に対しては広汎外陰切除および形成外科医による植皮術等にも対応しております。また放射線治療装置を導入しましたので子宮頸癌に対する広汎子宮全摘出術に加え、進行子宮頸癌への放射線治療も対応可能となりました。術前・術後の化学療法および緩和医療につきましては腫瘍内科医と連携を取りながら治療しております。当院の特徴として全科が協力的ですので婦人科腫瘍専門医のみならず全科を挙げて婦人科癌治療に取り組んでいただいています。婦人科腫瘍専門医の田中医師が腫瘍外来を担当し、専門相談を行っています。

婦人科悪性腫瘍診療

 

がん生殖医療

がん治療に際し、生殖毒性を持つ化学療法や放射線治療などにより、治療後に妊娠の可能性が低下、あるいは消失する可能性があります。 これを予防するには治療前に卵巣組織、あるいは未受精卵子を体外に取り出し、凍結保存をしておく方法があります。原疾患の回復後、婚姻された場合に、凍結保存された卵巣組織、未受精卵子を融解して使用することで妊娠できる可能性があります。

がん生殖医療はがん治療開始までの限られた時間で相談、治療開始する必要があるため、ご本人、あるいはがん治療主治医から直接、専門外来直通電話にご連絡いただき、ご相談日を決定、緊急対応させていただいております。

上記専門外来受診のご予約、お問い合わせは婦人科外来(直通電話:011-231-2319)までお願いします。

がん生殖医療診療

 

学会発表・論文発表

日本生殖医学会、日本受精着床学会、日本婦人科腫瘍学会、日本がん生殖医学会、日本産科婦人科内視鏡学会などの生殖医療分野、悪性腫瘍分野、内視鏡手術分野の学会への積極的な発表、参加を行い、広い知識、技術を取り入れることで日常診療に役立てられるように心がけています。

また、患者さんへの十分な説明と納得していただいた上での治療方針決定を心がけており、誠意と優しさが婦人科・生殖内分泌科のモットーです。

 

最近の主な学会発表

・逸見博文:当院における卵管鏡下卵管形成術(FT)の工夫と臨床成績.第60回北海道生殖医学会学術講演会(2018.2.17)

・逸見博文:当院におけるがん生殖医療の現状.第43回札幌市医師会医学会(2018.2.18)

・逸見博文:安全に子宮鏡下完全子宮中隔切除術を行う工夫.第36回日本受精着床学会学術講演会(2018.7.26)

・田中綾一:多嚢胞性卵巣症候群に対するLaparoscopic ovarian drilling (LOD) におけるEZアクセスを使用したReduced Port Surgeryの検討.日本産科婦人科内視鏡学会(2018.8.2)

・逸見博文:当院における卵管鏡下卵管形成術(FT)の治療成績.第63回日本生殖医学会学術講演会(2018.9.7)

・田中綾一:A case of giant ovarian cancer; seromucinous carcinoma which did not contain a solid area in image findings. International Gynecologic Cancer Society (2018.9.16)

・田中綾一:術前に悪性度の推定が困難であった卵巣漿液粘液性腫瘍の2例.北日本産科婦人科学会(2018.9.29)

・逸見博文:流産後の合併症についての検討.第59回日本母性衛生学会学術講演会(2018.10.18)

・逸見博文:当院で行われた術中造影併用子宮鏡下中隔切除術についての検討.第2回日本子宮鏡手術研究会学術講演会(2018.10.21)

・池田 詩子:子宮鏡下内膜ポリープ切除後に悪性と判明した子宮体癌の2例.第33回日本女性医学学会学術集会(2018.11.4)

・逸見博文:当院で行われた子宮鏡下癒着剥離術についての検討.第31回日本内視鏡外科学会総会(2018.12.6)

・逸見博文:当院で行われた子宮鏡下中隔切除術の治療成績.第19回北海道産婦人科低侵襲手術研究会(2019.1.26)

・逸見博文:当院におけるoncofertilityの現況.第9回日本がん・生殖医療学会学術講演会(2019.2.10)

・逸見博文:当院における卵管鏡下卵管形成術(FT)の工夫と治療成績.第61回北海道生殖医学会学術講演会(2019.2.16)

・逸見博文:卵管鏡下卵管形成術時にwedging困難であった症例についての検討.第44回札幌市医師会医学会(2019.2.17)

 

学会賞受賞演題

2010年                                    

・逸見博文:第50回日本産科婦人科内視鏡学会 学会賞(ビデオ部門)受賞

安全に臍部単孔式腹腔鏡下手術を施行するための工夫

2012年     

・東口篤司:第30回日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞受賞

術中子宮腔造影とカスタムメイドのシリコンプレートを用いた子宮中隔の子宮鏡下手術

2018年

・逸見博文:第2回日本子宮鏡手術研究会 最優秀演題賞受賞

当院で行われた術中造影併用子宮鏡下中隔切除術についての検討

 

最近の主な論文発表

・逸見博文:Asherman症候群. 別冊日本臨床.内分泌症候群(第3版):218-220.2019

・逸見博文:腹腔鏡下筋腫核出術後の子宮腔癒着率についての検討 ―FD-1とインターシードを用いた術後子宮腔癒着予防法の治療成績―. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌35(1) :41-45. 2019. 

・逸見博文:卵管鏡下卵管形成術時にwedging困難であった症例についての検討.第44回札幌市医師会医学会誌:in printing. 2019.

・池田詩子:採卵後に卵巣過剰刺激症候群を伴わずに発症した深部静脈血栓症・急性肺血栓塞栓症の1例. 日本受精着床学会雑誌.35(1):154-158. 2018.

・逸見博文:当院におけるがん生殖医療の現状.第43回札幌市医師会医学会誌:131-132. 2018.

・逸見博文:当院における流産手術症例についての検討.第42回札幌市医師会医学会誌:139-140. 2017.

・逸見博文:ウトロゲスタン®腟座薬を用いたホルモン補充周期凍結融解胚盤胞移植における血中プロゲステロン値が妊娠に与える影響についての検討. 日本受精着床学会雑誌.33(1):11-15. 2016.

・逸見博文:ウトロゲスタン®腟座薬を用いたホルモン補充周期凍結初期胚移植における血中プロゲステロン値が妊娠に与える影響についての検討. 日本IVF学会雑誌.19(1):9-12. 2016.

・逸見博文:当院を受診した子宮腔癒着症についての検討.第41回札幌市医師会医学会誌:139-140. 2016

・逸見博文:Utrogestan腟座薬を用いたHRT周期凍結胚移植についての検討.第40回札幌市医師会医学会誌:85-86. 2015

 

施設のご案内

2017年10月斗南病院新築に際し、婦人科・生殖内分泌科外来を患者さんへの配慮を最優先に、プライバシーを大切にした空間設計としました。

受付カウンター

婦人科受付

受付カウンターです。受付事務スタッフが笑顔で対応させていただきます。

待合室

婦人科待合室

待合室は婦人科・生殖内分泌科外来の中にある専用待合室となります。モニターに受付番号を表示することで、プライバシーに配慮して患者さんの呼び出しを行っています。

診察室

診察室1診察室2

安心して診察を受け、ご相談いただけるように各診察室を遮音壁でしきった完全個室で診察しています。内診台の横にはモニターを設置し、診察中もご一緒にエコー画像を見ながら説明を受けることができます。

採卵室

採卵室1採卵室2

手術室と同等の洗浄度class II(室内圧陽圧、微生物濃度200CFU/m3以下)の採卵室です。こちらでは採卵、胚移植の他、子宮鏡検査、コルポスコピー検査なども行います。

培養室

培養室1培養室2

手術室と同等の洗浄度class II(室内圧陽圧、微生物濃度200CFU/m3以下)の培養室です。生殖医療専門の医師と培養士が患者さんの受精卵を最適な環境で育てていきます。

 

VOCs(揮発性有機化合物)除去装置 (Coda Areo 800 ; アステック)

VOCs

VOCsは空気中に存在し、胚への悪影響が心配されています。空気中のVOCs、微粒子、埃を物理的・科学的に除去する装置です。24時間使用することにより、培養環境をより良く改善します。

 

タイムラプスインキュベーター(CCM-iBIS;株式会社アステック)

タイムラプスインキュベーター

タイムラプスインキュベーターは胚を観察時にインキュベーターから外に出す必要がないため胚へのストレスがありません。また、自動撮影機能により画像として長期間連続観察できるので、分割の過程を詳細に知ることで良好胚の選別が出来ます。

面談室

面談室

プライバシーを大切にした完全個室で安心して説明、ご相談を受けることができます。

採精室

採精室

婦人科待合室とは離れた場所にある完全個室でくつろいで採精していただくことができます。採取した精液検体は採精室から持ち出さずに直接、部屋内のパスボックスからスタッフに提出します。

 

担当医師

婦人科に所属している医師を紹介しています。

お知らせ