研修の様子

斗南病院研修医カンファレンス(症例検討会)

斗南病院研修医カンファレンス(症例検討会)について

斗南病院研修医カンファレンス(症例検討会)とは、発表、当日の司会進行など研修医主導で行われる症例検討会です。

 

令和4年度 斗南病院研修医症例カンファレンス

第1回 5月9日(月)司会:高野 英華 先生

演題1:高橋 護 先生(腫瘍内科) 『 FOLFOXIRI+CET療法にて切除可能となった直腸癌の一例 』

第2回 6月13日(月)司会:的場 苑子 先生

演題1:平野 貴久 先生(腫瘍内科) 『胃癌リンパ節転移により悪性腸腰筋症候群を呈した1例』

演題2:山本 健太 先生(外科) 『胆嚢癌を合併した先天性胆道拡張症の1例 』

第3回 7月11日(月)司会:吉田 功輝 先生

演題1:的場 苑子 先生(整形外科) 『足関節捻挫のピットホール』

演題2:瀬戸 敬太 先生(腫瘍内科) 『原発不明癌に対する化学療法中に腫瘍崩壊症候群を発症した一例』

第4回 8月8日(月)司会:古賀 博人 先生

演題1:丹羽 瑠美 先生(循環器内科) 『血小板増多症に冠動脈ステント内血栓症を合併した一例』

第5回 9月12日(月)司会:吉田 功輝 先生

演題1:松家 美典 先生(外科)  『繰り返す腸閉塞を呈した一例』

演題2:古賀 博人 先生(精神科) 『不眠を呈しレンボレキサントとトラゾドンが奏功した一例』

第6回 10月11日(火)司会:森山 誠也 先生

演題1:吉田 功輝 先生(整形外科) 『腸腰筋膿瘍と化膿性仙腸関節炎を合併した一例』

演題2:鴫谷 幸佑 先生(リウマチ・膠原病科) 『発熱と全身の関節痛で体動困難となり救急搬送された一例』

第7回 11月14日(月)司会:花田 航太 先生

演題1:川井 ゆり子 先生(婦人科) 『緊急手術を要した婦人科急性腹症の2症例』

演題2:森山 誠也 先生(外科) 『S状結腸穿通に対して一期的吻合と回腸人工肛門造設した一例』

過去の斗南病院研修医症例カンファレンス

・ 令和3年度

・ 令和2年度

・ 平成31年-令和元年度

・ 平成30年度

・ 平成29年度

・ 平成28年度

・ 平成27年度

・ 平成26年度

お知らせ

斗南病院ホームページへ