部門のご紹介 背景
部門のご紹介

トップ > 部門のご紹介 > 薬剤部

薬剤部

薬剤部

薬剤部は現在、薬剤師12名と調剤助手2名、事務員1名で構成されています。

薬剤師は医薬品に関する情報の収集・提供、調剤や製剤による医薬品の提供と品質管理、さらに病棟活動やチーム医療への参画など、さまざまな業務や活動に関わっています。

今後もほかの医療スタッフと連携を取りながら、薬の専門家として医療に貢献していきたいと考えています。


 

薬剤部

業務内容

調剤業務

薬剤部では、入院調剤を中心に行っており、患者さんの採血データや既往歴、薬歴などを確認し、必要に応じて医師に疑義照会を行っています。また、ダブルチェックを必須としており、正確な調剤を徹底し、患者さんへの安全な医療の提供に取り組んでいます。

 

病棟業務

一般病棟をはじめICUにも専任の薬剤師を配置し、入院患者さんへの適正な薬物療法の提供に努めています。

持参薬確認、服薬指導、相互作用の確認、副作用のモニタリング、医師や看護師への情報提供や相談応需、処方提案など業務は多岐にわたります。

また当院ではPBPM(プロトコールに基づく薬物治療管理)も導入し、薬剤師も主体となって薬物療法を進めています。

 

外来指導

外来でインスリン、バイオ製剤等の自己注射薬や化学療法における服薬指導を行っています。あわせて服薬状況や副作用の確認も行い、医師、看護師へフィードバック、処方提案などの薬学的支援も行っています。また、トレーシングレポートを活用し院外薬局との連携も積極的に行っております。

 

チーム医療

薬剤師としての専門性を活かし、栄養サポートチーム、感染対策チーム、緩和ケアチームなど様々な分野でチーム医療の一員として活動しています。

回診やカンファレンスで積極的に処方提案を行い、患者さんにより安全で効果的な薬物療法が提供されるよう支援しています。

 

製剤業務

院内製剤とは、市販品がないものや市販品はあるが必要とする剤形や濃度などがない場合に、医師の依頼に基づき薬剤師が調製する製剤をいいます。当院薬剤部では、病気の診断や治療を目的とした製剤を調製し、必要な院内製剤の調製と安定供給に努めています。

 

中心静脈栄養(TPN)および抗がん剤の無菌調製業務

薬剤部にはクリーンベンチと安全キャビネットを設置し、TPNおよび抗がん剤の無菌調製を行っています。注射剤の無菌的な混注を徹底し、感染リスクの軽減に努めています。また当院は、入院・外来ともに抗がん剤治療に力を入れています。薬剤部では、抗がん剤の専門的な知識を活かし、それぞれの薬剤の特徴に準じた暴露対策を行うことで、治療を受ける患者さんや治療を提供する医療従事者への安心安全な薬剤の提供を心掛けています。

 

TDM(薬物治療モニタリング)

有効かつ安全な治療となるよう薬物の血中濃度を測定し、患者さん個々に用法用量を設計しています。薬剤部では抗MRSA薬(バンコマイシン、アルベカシン、テイコプラニン)、やアミノグリコシド系抗菌薬、抗真菌薬ボリコナゾール等の薬剤の血中濃度測定および設計業務を行っています。

 

長期実務実習

薬学部学生の長期実務実習を受け入れ、将来の薬剤師の育成に取り組んでいます。

専門・認定資格取得状況

高い専門性を発揮するために各種認定薬剤師の養成に力を入れています。

【専門・認定資格】(2021年10月現在)

〇日本病院薬剤師会

・病院薬学認定薬剤師        6名

・がん薬物療法認定薬剤師      1名

・感染制御認定薬剤師        1名

〇日本薬剤師研修センター

・研修認定薬剤師          2名

・実務実習指導薬剤師        5名

〇日本緩和医療薬学会

・緩和医療暫定指導薬剤師      1名

・緩和薬物療法認定薬剤師      1名

・麻薬教育認定薬剤師        1名

〇日本臨床腫瘍薬会学

・外来がん治療専門薬剤師      2名

〇日本臨床栄養代謝学会

・NST専門療法士          2名

〇日本糖尿病療養指導士認定機構

・糖尿病療法指導士         2名

〇日本医療情報学会

・医療情報技師           1名

〇日本肥満学会

・肥満症生活習慣改善指導士          1名

〇日本リウマチ財団

・リウマチ登録薬剤師        1名

〇公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構

・公認スポーツファーマシスト    1名

〇北海道認定

・北海道肝炎医療コーディネーター 2名

薬薬連携について

外来化学療法における院外薬局との連携について

 

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコール

 

後発医薬品への変更時における情報提供について

 

CKD

CKDシートについてPDFファイル   CKDシートPDFファイル  

 

吸入指導チェックリスト

エアゾールワードファイル   ディスカスワードファイル   エリプタワードファイル   ジェヌエアワードファイル  

ブリーズヘラーワードファイル   レスピマットワードファイル   ロタディスクワードファイル   ハンディヘラーワードファイル

スイングヘラーワードファイル   タービュヘイラーワードファイル   ツイストヘラーワードファイル

 

生物学的製剤

MTX,生物学的製剤、JAK阻害剤 服薬情報提供書ワードファイル

 

調剤薬局連携会議について

薬薬連携の一環として、毎月第三水曜日に「調剤薬局連携会議」を行っています。新薬の勉強会なども行っていますので、参加希望があれば薬剤部大音師(おおとし)までご連絡ください。

(代表:011-231-2121)

お知らせ