病院概要 背景画像
病院概要

トップ > 病院概要 > 病院指標

病院指標

平成30年度 国家公務員共済組合連合会斗南病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 年初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0
10
20
30
40
50
60
70
80
90
患者数 404 154 257 446 781 1,140 1,846 2,293 1,205 147

定義

① 平成30年度に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。

② 年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。

解説                                                                                   

平成30度に当院を退院した患者さんの平均年齢60.9歳、最も多い年代は70歳代となっております。

当院は、『地域医療支援病院』として幅広い年齢層の患者さんを診療しております。

中でも、『北海道がん診療連携指定病院』として、がんの治療を積極的に行っていることから60歳以上の割合が多くなっております。

また、形成外科において乳幼児の割合が多くなっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 733 2.22 2.67 0.1% 66.5
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 159 9.62 8.52 0.6% 72.3
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
60 6.10 7.09 0.0% 68.7
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-5あり 定義副傷病なし
44 5.18 4.27 0.0% 60.0
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
43 9.44 10.08 9.3% 71.2

解説

当科では、食道・胃・大腸の病気に対する内視鏡検査やITナイフによる早期癌の内視鏡治療を,国立がんセンター中央病院(東京)と連携を保ちながら最新技術を提供しています。「苦痛のない,精度の高い内視鏡検査と治療」を目指し、早期の胃がんの内視鏡治療や大腸ポリープの内視鏡治療を多く行っています。 外科や腫瘍内科と協力して分子標的薬剤による化学療法、腫瘍切除など集学的治療を行っています。

腫瘍内科

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし
56 5.43 4.41 0.0% 64.6
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし
47 5.57 5.55 0.0% 49.5
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-5あり 定義副傷病なし
44 7.20 4.27 0.0% 68.7
060020xx99x70x 胃の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-7あり 定義副傷病なし
40 5.30 7.51 0.0% 55.6
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし
38 4.55 4.33 0.0% 69.8

解説

当科は消化器がん、乳がん、卵巣がんなど、固形がん全般に対する抗がん剤治療を専門とする診療科です。

罹患頻度の高い大腸がん、胃がん、乳がんなどが治療件数の上位を占めています,甲状腺がんなど希少がんを含め臓器横断的な抗がん剤治療を行っています。

当科では標準治療ばかりでなく、数多くの臨床試験や治験に参画しており、新治療の開発に積極的に取り組んでいます。

膠原病・リウマチ内科

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患
手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
49 10.57 15.58 0.0% 65.5
070470xx99x5xx 関節リウマチ
術なし 手術・処置等2-5あり
34 2.32 2.73 0.0% 61.9
070470xx99x0xx 関節リウマチ
手術なし 手術・処置等2-なし
16 12.50 15.90 18.8% 70.7
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患
手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
10 33.90 27.07 10.0% 74.1
- - - - - - -

解説

当科では、関節リウマチ、膠原病などの自己免疫疾患を専門としています。インフリキシマブなど生物学的製 剤の点滴静注を短期入院で行っています。また、ステロイド剤、免疫抑制薬や生物学的製剤に伴う合併症、 間質性肺炎などの重症疾患の対応をしています。

糖尿病・内分泌内科

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)
手術なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病なし
18 14.00 14.69 5.6% 57.2
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)
手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
13 10.38 11.3 0.0% 57.8
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

2型糖尿病に対する入院が多く、その多くは糖尿病の合併症評価を行いつつ、糖尿病に対する理解を深めて頂くテキスト指導、ならびに栄誉指導や運動療法の指導を行って患者の自己対応能力を向上させるような教育入院になります。また、低血糖などにより緊急搬送となるケースもあります。血糖値が高く手術が行えないような場合には、血糖を当科でコントロールした後に手術や内視鏡処置となるケースもあります。他には下垂体疾患や副腎腫瘍に対しての精査を行う症例も一定数いらっしゃいます。

血液内科

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫
手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし
75 14.88 16.17 0.0% 72.1
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫
手術あり 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし
42 31.26 32.36 4.8% 73.4
130010xx97x2xx 急性白血病
手術あり 手術・処置等2-2あり
20 44.45 40.13 10.0% 76.9
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫
手術なし 手術・処置等2-3あり 定義副傷病なし
15 11.20 17.10 0.0% 59.5
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群
手術なし 手術・処置等2-4あり
13 10.92 17.90 0.0% 79.2

解説

当科においては血液悪性腫瘍の患者が大半を占める。

特に非ホジキンリンパ腫が多くを占めているが、これは当科の特色というよりは血液悪性腫瘍において非ホジキンリンパ腫が圧倒的に頻度が高いことによるものである。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
82 3.34 3.15 1.2% 72.4
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
71 4.01 4.47 0.0% 73.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
32 3.78 3.01 3.1% 69.1
050130xx99000x 心不全 手術なし
手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
27 16.78 17.66 14.8% 80.0
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患
動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
25 4.52 5.50 0.0% 74.6

解説

循環器内科では、他疾患で当院通院中や他の医療機関からのご紹介の入院が多く、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や、うっ血性心不全、下肢閉塞性動脈硬化症などの治療を行ってきました。平成29年度からは札幌市循環器呼吸器二次救急、平成30年度からは札幌市ACSネットワーク当番を担当しており、急性冠症候群、急性心不全、不整脈などを含む急性期の循環器疾患にもより積極的に対応していきたいと考えています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
89 6.66 7.30 0.0% 60.9
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)
ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等
68 3.60 4.96 0.0% 68.4
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
65 17.65 15.30 6.2% 67.6
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍
胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
55 16.38 16.49 0.0% 68.0
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
35 17.86 15.84 2.9% 63.8

解説

消化器癌の中で特に胃癌、大腸癌に対する手術の件数が多くなっています。
当科では消化器癌手術に積極的に腹腔鏡手術を導入しており、胃大腸手術の7割以上を腹腔鏡で行っています。化学療法を組み合わせた治療や、肛門温存手術も多く行われています。ほとんどの手術にクリニカルパスを導入し、治療の標準化がなされています。鼡径ヘルニアについても、腹腔鏡下手術を中心に、症例に応じたテーラメード治療を積極的に行っています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患
心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり
20 21.85 22.91 5.0% 69.9
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患
下肢静脈瘤手術等
11 3.00 2.85 0.0% 67.9
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

狭心症に対する冠動脈バイパス術については基本的に人工心肺装置を用いず心臓を動かしたまま行うオフポンプ手術を行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折
人工骨頭挿入術 肩、股等
55 25.80 26.30 85.5% 80.0
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症
手術なし
53 20.47 21.47 69.8% 80.2
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-なし
40 21.53 21.39 32.5% 72.9
160760xx97xxxx 前腕の骨折
手術あり
17 5.06 5.68 0.0% 56.1
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎
その他の手術あり 手術・処置等2-なし
16 18.31 16.80 6.3% 68.6

解説

高齢者の骨祖しょう症関連骨折の救急搬送が増加しており、上記DPCコード症例が上位となっています。
脊椎外科医が2名常勤でいる事から、昨年より更に脊椎手術症例が増えています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患
手術あり 片眼
283 2.18 2.84 0.4% 74.3
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

当院では、多くの白内障手術を行っており、平成30年度の実績は283症例です。局所麻酔での手術が難しい場合は、全身麻酔での手術も行っております。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
手術なし
93 5.35 5.43 1.1% 34.5
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 67 6.84 7.04 0.0% 59.1
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 7.74 7.89 0.0% 27.4
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍
甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1-なし
26 9.27 8.68 0.0% 54.6
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍
手術あり
25 7.20 7.37 0.0% 48.2

解説

甲状腺悪性腫瘍では。縦隔郭清・気管切開孔を行う症例が平均在院日数を押し上げていると考えます。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症
手術なし
237 3.55 3.82 0.0% 4.0
140620xx97xxxx その他の先天異常
手術あり
112 9.24 10.38 0.0% 29.9
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫
手術あり 手術・処置等2-なし
93 7.05 7.17 0.0% 27.1
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)
鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
39 7.92 5.37 0.0% 31.1
140620xx99xxxx その他の先天異常
手術なし
27 2.81 7.76 0.0% 13.4

解説

当科では、乳幼児の母斑に対するレーザー治療の症例が一番多く行っております。
また、血管奇形や血管腫の治療も多く行っています。

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍
腹腔鏡下腟式子宮全摘術等
120 6.03 6.16 0.0% 42.0
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 
腹腔鏡によるもの等
44 6.11 6.28 0.0% 38.8
120100xx01xx0x 子宮内膜症
子宮全摘術等 定義副傷病なし
43 6.58 7.54 0.0% 40.5
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ
子宮全摘術等
41 2.80 2.96 0.0% 41.1
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍
子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2-なし
27 2.89 3.20 0.0% 37.6

解説

平成30年度に当院婦人科・生殖内分泌科で治療をした患者さんの平均年齢は40.7歳で、比較的若い年齢の割合が多くなっています。これは妊娠目的に受診されている患者さんが多いことが影響していると思われます。
当院は一般不妊治療から内視鏡下手術、高度生殖医療まで広範囲に治療を行うことができる特徴があることから、地域連携病院から妊娠、あるいは婦人科腫瘍の治療を目的とした内視鏡下手術目的に連携病院から紹介され、受診されています。
可能な症例は積極的に内視鏡手術で治療していることから、平均在院日数は腹腔鏡下手術で約6.1日、内膜ポリープなどの子宮鏡下手術で平均2.8日と短くなっています。
術後も早期回復できるため、転院することなく、退院後早期に社会復帰されています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等
経尿道的前立腺手術等
82 8.35 8.65 1.2% 72.4
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし
68 3.03 2.53 0.0% 68.0
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
38 6.47 7.20 0.0% 72.9
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍
前立腺悪性腫瘍手術等
17 11.53 12.63 0.0% 69.8
110420xx02xx0x 水腎症等
経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし
14 3.71 4.29 0.0% 65.5

解説

前立腺がんや腎がんなどの「泌尿器悪性腫瘍」に対する手術治療を行っています。当科では患者さんにとって体に負担の少ない優しい手術を心がけております。腹腔鏡手術をはじめとした内視鏡手術を積極的に行っているほか、希望する方には体に2-4cmの切開のみで手術操作をおこなう単孔式腹腔鏡手術も行っております。2019年4月からロボット支援手術の最新鋭機器であるダビンチXiが導入され、2019年6月からは前立腺がんに対して、8月からは腎がんに対してロボット支援手術を開始しています。

手術治療だけではなく、進行性腎がんに対する薬物療法として分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療を行っているほか、進行性膀胱がんに対しても抗がん剤の治療を行っております。

放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
27 7.63 10.42 3.7% 79.6
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)
悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし
27 4.22 11.50 3.7% 60.9
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

当院は癌治療を中心に据えた高度急性期病院という位置づけに有り、特に内科系の診療科、外科とも消化器がんに高度な医療を提供しているため、肝悪性腫瘍の患者数が多く、その中で、切除不可能や化学療法の効果がない患者さんが当科が提供する画像化治療(IVR)の対象となっています。

平均在院日数は 7.63日で全国平均10.42日と7.76日と比較して短い期間で治療しています。その他、先天異常は大部分が血管奇形ですが、当院には形成外科に血管腫・血管奇形センターが設置されており、全国から多様な患者さんが受診しております。当科では主に血管塞栓術による治療を行っています平均在院日数は4.50日で全国平均7.76日と比較して短い期間で治療しています。

全国に先駆けて当院にMRI対応冷凍手術器が導入され、腎がんの凍結治療を積極的に行っているため腎腫瘍の割合が多くなっています。 凍結療法は身体的負担が少なく、短期間の入院で治療可能な為、平均在院日数は4.22日で全国平均11.50日と比較して1/2以下になっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 235 41 29 88 9 302 1 8
大腸癌 80 129 113 86 13 406 2 8
乳癌 45 45 13 7 70 1 8
肺癌 18 3 2 11 1 8
肝癌 4 5 4 2 - 52 2 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

解説

日本で現在最も罹患数の多い5つのがん(胃・大腸・乳・肺・肝)の病期(ステージ)ごとの症例数を集計しております。 病期分類は、がんがどれくらい進行しているかを分類するもので、Stage0からStageⅣまであり、StageⅣが最も進行していることになります。


なお、再発がんは症例数のみを別に集計しています。当院は、『北海道がん診療連携指定病院』として幅広いがんを積極的に行っております。 消化器内科では、早期の胃癌・大腸に対する内視鏡治療、外科では腹腔鏡、胸腔鏡による治療を行っており、患者さんの身体的負担の少ない治療を積極的に行っております。 また、腫瘍内科を主体とした最新の化学療法も行っております。緩和医療にも取り組んでおり、進行がん・再発がんの患者数も多くなっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

重症度 患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.69 54.0
中等症 43 15.00 77.2
重症 3 11.33 78.7
超重症 9 13.89 74.0
不明 - - -

解説

成人におきた市中肺炎の患者数を重症度別に集計しております。
市中肺炎とは、通常の社会生活の中で発症した肺炎のことです。
高齢者では慢性呼吸器疾患などの合併症を有する場合が多く重症となり、入院期間も長期になっております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び
関連症候群
- - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の
血管(性)症候群
- - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 1 1 93.00 100.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
- - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

解説

脳梗塞の患者数を集計したものです。
当院は脳神経外科等がありませんのですべて10件未満です。当院で脳梗塞が疑われた場合は、脳神経外科のある病院に紹介させていただきます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 725 0.3 1.1 2.0% 66.7
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 154 1.2 7.6 1.0% 72.3
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 92 1.0 4.3 1.0% 67.7
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 43 0.5 1.1 1.0% 68.2
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 36 1.5 15.3 0.0% 66.5

解説

当科では 「苦痛のない,精度の高い内視鏡検査と治療」を提供すべく、内視鏡診療にあたっています。特に食道・胃・大腸の腫瘍に対しては、道内ではいち早く内視鏡的粘膜剥離術を導入し、従来では手術が必要であった大きな病巣などにおいても早期の腫瘍であれば、積極的に内視鏡的治療を行ってきました。


また、肝胆膵領域においても、最新のエビデンスに基づいた診療を行うとともに、適応に応じて積極的に内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)関連手技を行っています。

腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用 植込型カテーテル設置 (頭頸部その他) 139 3.2 11.4 4.0% 60.4
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 3.0 9.8 2.0% 57.6
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 12 0.8 1.4 0.0% 70.3
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

当科は消化器がん、乳がん、卵巣がんなど、固形がん全般に対する抗がん剤治療を専門とする診療科です。経静脈的に投与する多くの抗がん剤は血管外に漏出すると皮下組織に重大な損傷を起こします。当科では抗がん剤の静脈内投与をより確実に安全に行うために、中心静脈(CV)ポートを積極的に活用しています。また、CVポートは高カロリー輸液や麻薬系鎮痛剤の投与経路としても有用です。CVポートの造設は当科で小手術として行っています。

胃がん、膵がん、卵巣がんでよくみられる腹膜播種は転移形式の一つで、難治性であり、尿管狭窄や腸閉塞を起こしやすい病態です。当科では腹膜播種を合併した患者さんを多く治療しており、尿管狭窄に対するステント留置件数が多くなっています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 66 1.5 2.9 1.0% 72.9
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 34 1.2 6.1 2.0% 75.4
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 14 4.0 7.6 0.0% 75.9
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

循環器内科では、労作性狭心症に対する対する経皮的冠動脈ステント留置術、末梢血管疾患に対する四肢の血管拡張術などインターベンション治療を適応に応じて積極的に行っています。また、除脈性不整脈に対してはペースメーカー植え込み術を行っています。平成29年度からは札幌市循環器呼吸器二次救急、平成30年からは札幌市ACSネットワーク当番を担当し、急性冠症候群や不整脈を含む急性期の循環器疾患にも積極的に対応し、これまで以上にインターベンション治療やデバイス治療に取り組んでいきたいと考えています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 93 2.0 4.7 0.0% 61.5
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 76 5.3 15.2 5.0% 67.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術
(両側)
56 1.0 1.5 0.0% 67.4
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 53 1.7 13.9 0.0% 67.6
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm以上)
32 1.7 1.8 1.0% 73.4

解説

当科は消化器一般外科領域に腹腔鏡・胸腔鏡を積極的に取り入れており、上位3位手術もすべて腹腔鏡下手術です。胆嚢良性疾患は、ほぼ全例腹腔鏡で行っています。結腸・直腸、胃においても高度の進行がんを除いて基本的に腹腔鏡手術を第一選択としています。その他食道、肝胆膵、鼠径ヘルニア、小腸疾患、肺においても、腹腔鏡手術を積極的に行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)2吻合以上のもの 23 7.9 16.6 4.0% 69.2
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

狭心症に対する冠動脈バイパス術については基本的に人工心肺装置を用いず心臓を動かしたまま行うオフポンプ手術を行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術
肩甲骨、上腕、大腿
52 5.4 18.4 40.0% 75.1
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 44 4.6 18.1 16.0% 72.1
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 23 3.2 15.0 2.0% 70.4
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 22 0.6 2.0 0.0% 55.0
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 22 7.5 19.9 12.0% 79.6

解説

高齢者の骨粗鬆症関連骨折の救急搬送が増加しており、大腿骨骨接合手術が増加した。脊椎専門の常勤医が2名おり、下肢・股関節疾患の専門外来(北大整形外科スタッフ)があることから、脊椎変性疾患手術、下肢人工関節手術が上位となっています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 290 0.2 1.0 1.0% 74.5
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

眼科では、白内障に対する水晶体再建術を主に行っています。眼内の水晶体を除去後人工レンズを挿入しております。
片目の患者さんは約2日で退院されています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
53 1.2 5.1 0.0% 59.8
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 37 1.0 6.2 0.0% 59.5
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 18 1.0 3.1 0.0% 45.3
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 16 0.5 4.1 0.0% 36.3
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 14 1.0 7.4 0.0% 53.2

解説

耳鼻咽喉科一般診療(中耳炎,難聴,めまい,慢性副鼻腔炎,アレルギー性鼻炎,扁桃炎,咽喉頭炎など)のほか斗南病院耳鼻咽喉科では特に頭頚部腫瘍の治療に力を入れています。マイクロサージャリ−による再建術を必要とする頭頚部がん(咽頭がん,舌がんなど)の手術や喉頭がん,下咽頭がんで発声機能を残す機能温存手術の症例も豊富です。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0033 皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術(露出部) 長径6センチメートル以上 105 1.4 6.6 1.0% 28.0
K0032 皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術(露出部) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 36 1.0 3.6 0.0% 29.2
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 26 1.0 2.0 0.00% 23.4
K6172 下肢静脈瘤手術 硬化療法(一連として) 25 0.0 1.0 0.0% 25.2
K333 鼻骨骨折整復固定術 25 1.1 4.8 0.00% 27.7

解説

当科での血管腫(皮膚の血管が異常に拡がったり、増えたりしてできるできもの)の治療件数は全国でもトップレベルであり、全国の医療機関より診断・治療のご紹介を受けております。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 97 1.2 4.4 0.00%
39.0
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 63 1.0 5.2 0.00% 48.7
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 51 1.0 4.7 0.00% 37.9
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 44 0.8 1.0 0.00% 41.2
K877 子宮全摘術 27 1.1 8.3 0.00% 48.4

解説

平成30年度に当院婦人科・生殖内分泌科で手術をした患者さんの平均年齢は40.7歳で、比較的若い年齢の割合が多くなっています。これは妊娠目的に受診されている患者さんが多いことが影響していると思われます。
当院は内視鏡下手術に積極的に取り組んでいることから、術後の平均入院日数は腹腔鏡下子宮全摘でも平均6.2日、子宮鏡下筋腫核出術で平均5.7日、腹腔鏡下子宮付属器手術で平均5.6日、子宮鏡下手術で平均1.8日と短くなっています。
術後も早期回復できるため、転院することなく、退院後早期に社会復帰されています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 81 1.3 6.2 1.0% 72.5
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 38 1.0 4.5 0.00% 72.9
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.9 2.4 0.00% 68.9
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 18 3.4 7.6 2.0% 76.3
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 11 1.2 9.5 0.0% 71.0

解説

前立腺がんや腎がんなどの「泌尿器悪性腫瘍」に対する手術治療を行っています。当科では患者さんにとって体に負担の少ない優しい手術を心がけております。腹腔鏡手術をはじめとした内視鏡手術を積極的に行っているほか、希望する方には体に2-4cmの切開のみで手術操作をおこなう単孔式腹腔鏡手術も行っております。2019年4月からロボット支援手術の最新鋭機器であるダビンチXiが導入され、2019年6月からは前立腺がんに対して、8月からは腎がんに対してロボット支援手術を開始しています。

手術治療だけではなく、進行性腎がんに対する薬物療法として分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療を行っているほか、進行性膀胱がんに対しても抗がん剤の治療を行っております。

放射線診断科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 29 1.0 5.7 1.0% 79.4
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 22 1.4 1.5 1.0% 58.4
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 19 1.1 2.9 0.0% 56.5
- - - - - - -
- - - - - - -

解説

K6152:肝細胞がんの経カテーテル動注化学塞栓術の症例数です。手術前の入院日数は主に術前検査のため、手術後は治療に伴う肝機能障害に要する期間です。
K773-4:腎腫瘍に対する凍結療法の症例です。手術前の入院日数は主に術前検査のため、手術後は治療に伴う血尿や疼痛への対処に要する期間です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 -
異なる 13 0.15%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 5 0.06%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.17%
異なる 5 0.06%

解説

・この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発生率を示したものです。
敗血症については、全件が入院契機病名とは異なるものであり、がんや感染症で入院されその後全身状態が悪化して敗血症に至った症例です。 手術・処置などの合併症については、全件が入院契機病名と同一である症例でした。手術・処置などの合併症が原因で入院し、治療を受けた症例です。
手術・処置などの合併症にあたる症例としては、手術後に手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管の出血などであります。
手術や処置等は合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しております。しかし、合併症は一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴

R元.09.30  新規公表(平成30年度データ:様式1、様式4、Dファイル)

H30.09.25  新規公表(平成29年度データ:様式1、様式4、Dファイル)

H29.09.25 新規公表(平成28年度データ:様式1、様式4、Dファイル)

お知らせ