最先端の医療

トップ > 病院概要 > 最先端の医療

最先端の医療

当院で行っている最先端の医療の一端をご紹介します。

※いずれの治療法も、同じ病気の方でもすべての方に行うことができるわけではありません。
詳しくは、担当医とご相談ください。

凍結療法(放射線診断科)

切らない、照射しない。がん細胞を凍らせる

凍結療法(凍結治療、冷凍手術、クライオアブレーション)とは病変を急速に冷却し、壊死させる治療法 . . .

食道がん、胃がん、大腸がんに対するESD (内視鏡的粘膜 下層剥離術 : Endoscopic submucosal dissection)

お腹を切らず、がんの手術が可能に。

近年診断技術の進歩や健診の普及により、多くの食道、胃、大腸の早期がんが発見されるようになりました。早期で発見された . . .

LECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術: Laparoscopy Cooperative Surgery)

病変部位を、内側と外側から同時に観察しながら手術。

内視鏡(内科)と腹腔鏡(外科)を用いて同時に手術を行うことにより、今までにはない精密さと低侵襲で腫瘍を切除する . . .

3D-CT検査(消化器内科)

つらい大腸内視鏡検査をしなくて済む場合も。

今、大腸がん診断のために一般的に行われているものは、大腸内視鏡検査ですが、苦痛を伴うこともあることからと検査を尻込みしてしまうといった . . .

単孔式手術(外科、婦人科)

手術の傷がほとんど目立たない手術。

まずは、写真をごらんください。これは、胆のうを摘出した「術後の」患者さんのおなかの写真です。 . . .